スポンサーリンク

『世界の果てまでイッテQ!』(11月11日)でMC内村光良や出演者から”ヤラセ騒動”の発言あるか?

11月11日放送の『世界の果てまでイッテQ!』

MC内村光良出演者の口から”ヤラセ騒動”について何か発言があるのでしょうか?

今週発売の『週刊⽂春』(11⽉15⽇号)に掲載された

『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ問題が大きな波紋を寄せています。

※ヤラセ騒動後はじめて内村光良が、

FLASHの直撃取材に応じてコメントを出しました!(11/8取材)

今回のヤラセ騒動の一連を順序だてて検証してみたいと思います。

週間文春のヤラセ疑惑記事

週刊文春が記事にした問題の放送は、

今では日本テレビの看板番組とも言えるほどの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』

その中でも特に人気がある企画で”世界で一番盛り上がるのは何祭り?”

ヤラセの疑いがあることが取材でわかった。というもので、

人気の高い芸人の宮川大輔が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに参加をして、

現地の人達と一緒に祭りを体験するというコーナーなのです。

これまで参加した祭りは世界各国でなんと100を超えると言います。

その中でも、週刊文春が取り上げて問題となっているのは

5月20日に放送された『橋祭りinラオス』で、

実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡って、

スピードなどを競う“祭り”だと紹介されました。

これは、4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれて、

宮川大輔が“祭り”に参加した模様が放映されました。

この放送内容に対して週刊文春は、記事の中で

ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱えており、

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、

周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。

そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。

この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

というコメントがある事を掲載し、週間文春の取材では、

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。

今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

との返答があった事を明かし、

『世界の果てまでイッテQ!』の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局

担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言し、

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)

ラオスで初めて行われたものです」

と発言したのだと記事として掲載しているのです。

その週刊文春の記事に対して、日本テレビの広報部は

次のようにコメントを出しました。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

週刊文春は今回の記事に関しては3週間にわたって

ビエンチャン、タイ・バンコクで取材をしており、

セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加して「協力費」を

もらった少年たちの証言に加えてセットの設営を依頼した

海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材などの結果を、

11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載しています。

出典>> http://bunshun.jp/

番組ホームページ上の”おしらせ”内容

現在、『世界の果てまでイッテQ!』の番組ホームページでは

【お知らせ】 週刊文春(11月15日号)に掲載の記事について

として関係各位としてコメントを載せています。

詳しい全文は上記にリンクを貼っておきますので

ご興味がおありの方はそちらでご確認下さい。

コメント文は①~③に分けてありますが、その一部をご紹介いたします。

① 「世界で⼀番盛り上がるのは何祭り?」の企画コンセプトについて

企画の決定に関しては、番組がリサーチした世界の祭りから選ぶ ケースや、世界各国の現地コーディネート会社や旅⾏会社、イベント会社などから提案 を受けて、参加するケースなど様々です。祭りの参加に際しては、現地のルールに則っ て参加しておりますが、撮影に際して、体制やスケジュール、安全⾯等、様々な協議を し、協⼒を仰ぎながら進めております。

 ②今回の企画の成⽴について

今回の企画は、現地からの提案を受けて成⽴したもので、番組サイドで企画したり、 セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞⾦を渡した事実もござ いません。 ラオスの情報⽂化観光省には、番組の趣旨を⼗分に説明し、正式な⼿続きを経て当局 の許可をいただき、撮影にもご協⼒をいただきました。 現地コーディネート会社からの提案では、⽔の上の⼀本橋を⾃転⾞で渡る催しは、 東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で⼈気となっている催しとの事 で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に⾄りました。

このように今回の週刊文春の記事内容を否定した上で、更に

今回放送した会場での開催実績を⼗分に確認しないまま 作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった「橋祭り」を、放 送では毎年⾏われているかのような、誤解を招く表現となりました。この点について は、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております。

と、謝罪と反省の意をコメントしています。

③ 「世界の果てまでイッテQ!」の制作姿勢について 

「イッテQ!はロケの失敗や不成⽴に関しても、隠さず⾒せることで、番組をより楽し んでいただけるという姿勢で制作にのぞんでいます。

今後の「祭り」企画については⼗分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放 送致します。これからも視聴者のみなさまにご⽀持いただける番組作りに邁進する所存 です。」

11月11日の放送内容

今回の放送は、カレンダー企画の2本立てで、

<手越のカレンダープロジェクト In ペルー>

有名なペルーのナスカの地上絵の付近に新たな地上絵が発見されたそうで、

それが同番組が誇る手越祐也画伯のタッチにそっくりだということで、

今回は手越祐也がペルーの現地に行って、

画伯のイラストを地上絵にするプロジェクトが立ち上がったのです。

手越祐也画伯渾身の良の大仏”は果たしてナスカの大地に刻まれるのかが

見物です。それに加えて近年話題になっている絶景も紹介されます。

続いて、

<ガンバレルーヤのカレンダープロジェクト In フィリピン>

カレンダープロジェクトに登場した

人気若手の女性芸人のガンバレルーヤの2人が

2人っきりのロケに初挑戦をし、マーメイドスーツで優雅に海を泳ぎながら

ジンベエザメとの2ショットを撮り、

”人魚になってジンベイザメと夢の共演”をするものなのです。

スーツに慣れるためにプールでの練習に挑むことからはじめるのですが、

順調なよしこに対して、水への恐怖に悪戦苦闘するまひるなのですが、

2人はスーツを克服して無事に人魚になれるのでしょうか。

また、

東南アジアで話題となった「水上ランウェイウォーク」にも挑戦します。

失敗したら、ロッチ中岡が挑戦した水中食べ物食いをすることになるのです。

しかも、その食べ物がなんとあの匂いがきついドリアンなのですから

もう大変です!2人の結末がどうなるのか、、、

カレンダーの出来栄えにも期待したいところです。

出典>> http://www.knb.ne.jp/tv/

今回もそうですが、過去の番組企画でもお茶の間に笑いを

届けている『世界の果てまでイッテQ!』です。

イモトアヤコの夢、南極上陸の放送日は!【イッテQ!登山部】から目が離せない

”出川イングリッシュ”の最新がイッテQ!で放送される!過去の【動画あり】

MC内村光良、出演者の心情

このように、11月11日の放送は、いつもと変わりなく笑いどころが満載の

内容になっていますが、

世間で取り立たされている”ヤラセ騒動”について、

番組のMCである内村光良をはじめ、レギュラーメンバーの出演者たちも

決して穏やかではないはずです。

騒動において番組内で何か発言があるのではないか、、、

そう注目を浴びるのもやむを得ないことでもあります。

一部報道によりますと、同番組のMCを務めている内村光良

今回の騒動に対してかなり怒っているようだと報じています。

その背景には、内村光良NHK紅白歌合戦の司会も務めるほどの

国民的タレントと言っても過言ではなく、

視聴者からの見え方やイメージを非情に気にしているらしく、

今後の状況次第では番組を降板することもあり得るというのです。

一方、この企画に実際に参加した宮川大輔は、

週刊文春の直撃取材に対して、

「僕、ホンマに分からないですよ」と真摯に対応した上で回答しています。

最後には記者に「しっかり調べてください」とも話したと言います。

「宮川は、ヤラセだとは本当に知らなかったようです、番組スタッフの罪は重いですよ」(同)

出典>> http://bunshun.jp/articles/-/9579

※11月8日夜、自宅に戻った内村光良に、雑誌FLASHの記者が直撃をしたそうで、

記事によりますと、番組の大看板として内村光良も困惑しているに違いないが、

取材に驚いた様子もなく終始、神妙な面持ちだったとのことです。

そして、今回の騒動に対してMC内村光良は、

「スタッフや、共演者を信用していますよ。それしかないです」と、

強調していたそうです。

出典>> https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00010000-flash-ent

まとめ

どのようなジャンルの番組でも、企画や内容に”ヤラセ”は禁物だと思います。

私達視聴者は観たままを信じ、目にした事ををそのまま受け止めます。

それが例えバラエティーのような娯楽番組だったとしても、

やはり真実の情報を伝えて欲しいと思いますし、

それがテレビ局、制作サイドの任務でもあるように感じます。

視聴者のみに限らず、出演者たちにも大きな波紋を寄せ、

タレント達のイメージに直結する可能性もある訳ですし

まだ判断ができない年齢層も観る可能性が大きく、

間違った認識のまま、成長してしまう可能性もある訳ですから。。

今回の騒動に関して、視聴者からもたくさんの厳しい意見などもあるようですが、

私個人としては、とても好きな番組のひとつでもあります。

なんとか多くの人が納得できるように今回のヤラセ疑惑を明らかにして、

騒動が治まるよう全力を尽くしてほしいと願います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする