スポンサーリンク

パンクブーブーの現在の収入源と年収にびっくり!

M-1王者と言えば、「笑い飯」「ノンスタイル」「サンドウィッチマン」

「フットボールアワー」「中川家」「霜降り明星」などなどがおりますが、

パンクブーブーも忘れてはいけないお笑いコンビですよね。

だけど、最近めっきりメディアの露出度が少なくなったような…。。。

現在の活動はどこなのでしょう?

パンクブーブーは、M-1グランプリで2009優勝し、

THE MANZAIでも2011年に優勝していて過去に漫才で2回も頂点に立っている、

実力派の超人気漫才コンビなのです。

パンクブーブーのプロフィール

佐藤 哲夫(さとう てつお) ボケ担当

1976年4月3日、大分県出身

ネタ作り担当で立ち位置は左。

身長174cm

血液型AB型

黒瀬 純(くろせ じゅん)  ツッコミ担当

1975年5月8日、福岡県出身

立ち位置は右。

身長163cm

血液型O型

私生活では2人とも、M-1グランプリ優勝の翌年の2010年に結婚したそうです。

パンクブーブーの現在は?

パンクブーブーは2018年の6月にAbemaTVの『エゴサーチTV』に出演し、

自分達についてこう語ったのです。

30代前半の頃は『M-1グランプリ』をとり「2人で頑張ろうぜ!」

感じになってただただひたすら走っていた。

でも大人になるにつれて「あれ? あ、無理だな俺たち売れない…」と。

そして、

「もう結婚もしてそれぞれ家庭もあるし、もうお互い好きな道行こう」と、

なったそうなんです。

そんな理由から、現在は無理にテレビで頑張るのは辞めたのだそうなのです。

2020年のパンクブーブーは、

よしもとお笑いライブ(東京)

人生会議プロジェクト 九州新喜劇(福岡)

東京グランド花月 (東京)

よしもとお笑いライブ(神奈川)などの舞台中心で活動しています。

他には地方局のテレビ出演や営業なども行っているようです。

パンクブーブーの年収に驚き!

M-1グランプリで優勝して、漫才の実力もあって

面白くて知名度はかなりあるので日本全国での営業には事欠かないようで、

活躍の場には困らない様子です。

かつて、『じっくり聞いタロウ?スター近況(秘)報告?』に

パンクブーブーの黒瀬さんが出演した時に先輩芸人でもある

事務所の次長課長の河本さんに月収や貯金額、最高月収を公開することを要求され、

暴露させられてしまったことがありました。

大先輩の要求を断ることが出来なかったのか、

黒瀬さんは正直に暴露したのです。

今から3~4年前の話しではありますが、

先々月180万円、先月200万円、今月160万円と…!

凄くないですか?

これを年収に換算すると、2000万以上以上の収入があるという事ですよね。

私の中では勝手にメディアの露出度イコール高収入みたいな

イメージだったので、最近露出度が少なくなったパンクブーブーが

こんなに高収入なのに驚いてしまいました。

でも、エスパー伊東さんが営業だけで年収1000万と耳にした事がありますので、

M-1グランプリでの優勝したほどの実力と、知名度は

収入に大きな影響があるのですね。

まとめ

ちまたの一部では、『不仲説』がささやかれたこともありますが、

マネージャーを交え3人で話し合いを行って、

「パンクブーブーとして漫才を頑張ろう!」と、

前向きに頑張っているパンクブーブーのお2人です。

調べた結果、現在は舞台や営業を中心に活躍している事が分かりましたが、

たまにはテレビなどのメディアにも出演して

面白い漫才を見せて欲しいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする