スポンサーリンク

ヴァニラの現在の年齢と仕事は?謎だらけの人生に迫ってみた!

整形手術をし続けるヴァニラの人生は謎だらけです。

現在の年齢は?

そして仕事は?

多額な整形手術の費用はどのように捻出しているのでしょう。

ヴァニラの事を知らない方の為に、

ヴァニラについてご紹介するところから始めたいと思います。

ヴァニラのwikiプロフィール

名前】ヴァニラ   本名:水野乃里江

生年月日】1986年5月31日

出身地】ヴェルサイユ宮殿としている。(本当は広島県)

血液型】B型

身長】 152cm

スリーサイズ】 B/95 W/55 H/88

事務所】

HYBRID BANK 

TWIN PLANET ENTERTAINMENT(業務提携)

その他】

フランス人形を目標にしていて、

一説によりますと、

総額2億円とも言えるほどの整形手術を繰り返しているそうです。

出典>> https://twitter.com/chamuvanilla

ヴァニラは現在32歳で、今年の5月の誕生日で33歳になります。

整形手術の歴史

では、

ヴァニラが整形手術をすることになったきっかけは何だったのでしょう?

ヴァニラは小学生の頃、いじめにあっていたそうなのです。

『ブス』と言われ、いじめが原因で笑うことができなかったヴァニラに対して

同級生達は『鉄仮面』というニックネームを付けたのです。

そのいじめが辛く、親に相談したところ、

親から返ってきた言葉がヴァニラの背中を押す事になったのです。

その時に親がヴァニラに放った言葉が、

『ブサイクだから仕方ないでしょ。じゃあ整形したら?』

だったそうなのです。

彼女の根源には、小学校で壮絶なイジメを体験した過去があったからだ。「同級生からは『ブスブス』と連呼され、笑うこともなかったから『鉄仮面』というあだ名をつけられていました。親に相談したら、『ブサイクだから仕方ないでしょ。じゃあ整形したら?』って。それからはとにかく自分を変えたい一心で、整形し続けてきたんです」

引用:全身整形を続けるタレント・ヴァニラ「まだ理想の5%ですね」

それを機に、自分を変えたいという一心で

現在に至るまで整形手術を繰り返し続けているのです。

2017年に放送されたフジテレビ系の

「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」ヴァニラが出演しました。

その際にヴァニラは自ら手術をした回数は100回以上で、

メンテナンスを含めた費用は1億円だということを明らかにしています。

それでも、まだ目標のわずか5%にしか達していないということなので驚きです。

毎月、300万円掛けて脂肪分解の注射を打つ様子も番組内で放送していました。

このようなメンテナンスは一生続くのでしょうか、、、

出典>> yahoo検索

番組内でヴァニラは、

「おでこの手術をしてから、頭痛がひどくなって、激しい運動や長いお風呂もダメ。

いつ頭痛が起きるか分からないから薬も手放せない。

顔を洗う時もゴシゴシ洗えない。鼻とか曲がっちゃうかも知れないし…。

子供は好きだけど、顔にぶつかられると怖いから近づけないし、

豊胸した胸が邪魔でうつぶせに寝られない」

と、語っていました。

ヴァニラの仕事

どうして未だに整形をし続けていて、

多額になるその費用は一体どうやって捻出しているのでしょう?

ヴァニラが初めて整形手術をしたのは高校を卒業した時で、

二重にする手術を行ったようです。

その後、

更に手術をしたかった為に、その費用を作る為に水商売の仕事に就いたのです。

初めて整形をしたのは、高校卒業後の18歳の時。まぶたを二重にしました。当時は「普通のアルバイト」をしていましたが、「きれいに成れたと思ったら、ほかも治していきたい」と思い、整形にはお金が掛かるため、「夜のホステス」の仕事を始めました。「きれいになればお客様も喜び、稼ぎもあがりました」と笑みを浮かべ、稼ぎがあがり、整形し、また稼ぎがあがるという「いいサイクル」に入ったとのこと。

引用:整形美女”ヴァニラ、整形は「まつげを着けるのといっしょ」と語る

どうやら、ヴァニラの整形手術の費用は、

かつて水商売をしていた時に蓄えた貯蓄や、タレント業での活動で得たギャラ、

そして、美容整形などの広告費などで捻出しているのだと思います。

まとめ

このように高校卒業後から現在に至るまで、

長い期間整形をし続けているヴァニラですが

その変化が著しく、私達第三者は手術をする前も十分キュートに感じるのですが、

本人には辛い葛藤があったのでしょうね。

出典>> https://kantaiki0219.com/

度重なる手術の影響などが無ければよいのですが、

ヴァニラの健康上に問題が無い事を祈りたいと思います。