人気一覧

【錦織圭棄権!】の速報がテレビ放送された!

 

世界ランキング9位の錦織圭が、

世界ランキング1位のN・ジョコビッチとの試合中に

右足を痛めて途中棄権をしたと

テレビのニュースで放送されました。

 

錦織圭は、全豪ベスト4を目指して頑張っていましたが、

残念な形となってしまいました。

 

 

メディカルタイムアウト後に再開された第1ゲーム。怪我の影響が心配された錦織だが、ダブルフォルトがあったものの、ここをキープする。第2ゲームはジョコビッチがラブゲームでキープ。第3ゲームの錦織はショットをコントロールできず、4つのアンフォーストエラーからジョコビッチにラブゲームでのブレークを許してしまう。第4ゲームもジョコビッチがラブゲームでキープ。第5ゲームは錦織が意地を見せてゲームポイントを握るところまでいくが、ジョコビッチにデュースに持ち込まれ、ここもブレークを許す。その直後に錦織が途中棄権を申し入れ、ジョコビッチの勝利が決まった。

引用:https://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/tennis/match/17109791/live/

 

 

錦織はここまで1回戦のマイクシャク戦が2時間48分、2回戦のカロビッチ戦が3時間48分、3回戦のソウザ戦こそストレート勝ちで2時間6分だったが、4回戦のカレノブスタ戦は死闘中の死闘となり5時間5分。3度のフルセットを経験し、今大会の合計プレー時間はすでに13時間47分に及んでいる。

 一方のジョコビッチはここまでフルセットはなく、1回戦2時間3分、2回戦2時間4分、3回戦2時間22分、4回戦のメドベージェフ戦でようやく3時間を超える3時間15分だったが、合計プレー時間は9時間44分。錦織とはなんと4時間以上。通常の1試合分以上の差がついてしまっている。

引用:デイリースポーツ

 

 

皆の期待が大きくて、とても残念ではありますが、

今後の事もありますし、

ここは無理をせず棄権という勇気ある決断だったのだと思います。

 

お疲れさまでした。

 


稀勢の里が馬場俊英のスタートラインを引退前に歌い、周囲は涙した。

 

引退会見を行った稀勢の里馬場俊英スタートライン

仲間と行ったカラオケで歌ったそうで、

その場に居た人は涙を流したというのです。

 

スタートラインの歌詞が、稀勢の里の心情を物語っていたのです。

 

 

続きを読む





スポンサーリンク