スポンサーリンク

樹木希林は全身ガンと公表してから色々な治療方法で戦った!

個性派女優で有名な樹木希林が、全身をガンで侵されて、

色々と治療方法を駆使して戦っていたが、

75歳という若さで天に昇っていってしまいました。

日本の芸能界で個性派女優で名前を知らない人は

まずいないであろう樹木希林は、5年前に全身をガンで侵されている事を公表し、

闘病していましたが、2018年9月15日自宅で亡くなった事が判明しました。

樹木希林のwikiプロフィール

名前】 樹木希林

生年月日】 1943年1月15日 (75歳)

出身地】 東京都

身長】 160cm

配偶者】 内田裕也

その他】 夫の内田裕也との間には娘の内田也哉子がおり、娘婿として本木雅弘がいます。

出典>> https://matome.naver.jp/

樹木希林の経歴

樹木希林は1961年に文学座の研究所に入りました。

そして『悠木千帆』という芸名で女優を活動しました。

女優として始動始めた当初は、後のキャラとはまるで違う

トレンドの若者ファッションに身を包み、街を闊歩していたそうです。

1964年には森繁久彌が主演をつとめた”七人の孫”にレギュラーで出演をして

人気に火がつきました。

1966年に文学座を退団し、個性派女優として数多くのドラマや映画、舞台などで

活躍しました。

その容姿から、20代に関わらずに老人役を演じたりして老け役では

一目置かれる存在でした。

樹木希林の代表作のひとつとして、記憶に残っているのが

なんと言ってもTBSで放送されました寺内貫太郎一家ではないでしょうか。

このドラマでも老け役で出演し、実年齢では自分より10歳も年上の

主役である貫太郎役の小林亜星の母親役を演じました。

頭髪を脱色してメイクを施して老け役に徹したそうです。

そして、そのドラマでのお決まりのセリフで、

自分の部屋の仏壇の横に貼ってある沢田研二のポスターを見つめて、

「ジュリィィィ~~~~~~~~~~~!」と悶えるシーンが話題を呼びました。

出典>> https://www.pinterest.fr/

この時、樹木希林の実年齢は30代だったそうです。

その後出演したムー一族で競演した郷ひろみ『お化けのロック』

『林檎殺人事件』をデュエットして大ヒットしました。

私生活では、1964年に俳優の岸田森と結婚をしますが4年後に離婚をし、

1973年に内田裕也と再婚をしますが、1年半で別居をしてずっと別々の生活をしています。

1981年には夫内田裕也樹木希林に許可なく離婚届を提出しましたが

樹木希林は離婚を認めずに離婚無効の訴訟を起こして勝訴しています。

その後は年に一回程度の連絡を取り合う関係となったようですが、

樹木希林が2005年に乳ガンになった事をきっかけに、

月に一回、連絡を取り合うようになり毎年一月は一緒にハワイで過ごすように

なったとのことです。

このように私生活でも波乱万丈の人生を過ごした樹木希林ですが、

数え切れないほどの作品に出演してその功績をたたえられれ

2008年には紫綬褒章を受章し、

2013年3月8日の第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。

その受賞の喜びスピーチの中で自分が全身ガンに侵されている事を公表しました。

2018年8月13日に大腿骨を骨折した為に15日に緊急手術を行い、

翌16日に予定していた生放送の出演は見送って電話出演のみの出演として

近況報告をしていた樹木希林ですが、それから約一ヵ月後の

9月15日午前2時45分、家族に看取られながら自宅で死去したとの発表がありました。

出典>> https://www.sponichi.co.jp/

まとめ

本当に波乱万丈の人生だった樹木希林ですが、

世間の波に左右される事なく、世間体を気にする事もなく

常に自然体で生き抜いた人生だったのではないでしょうか。

私個人的にも大好きな女優のひとりだった樹木希林ですので、

その死はあまりにも早く、老け役ではなくかつては敢えて作っていた年代に近付いた今、

等身大の樹木希林での演技をこれからもずっと観せてほしかったと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。